• Gesamte Community
    • Gesamte Community
    • Foren
    • Ideen
    • Blogs
Erweitert

Nicht was Sie suchen? Die Experten fragen!

Dieser Thread braucht eine Lösung.
Danksagungen0

NIS2013+Vista64で LiveUpdateがうまく完結していない時は、shutdownで電源offにならない

 Dual-Xeon(QC)搭載win-Vista-ultimate(64bit)+NIS2013のほぼ同一構成(me=16GB,32GB,64GB、disk=300GB(SAS)×4)のマシンが5台あります。 尚、全マシンについて、自動LiveUpdateは生かし、リアルタイム保護は有効にしていますが、パフォーマンス維持のため、NIS設定でのアイドル時最適化(OSのdfrg.exe)は殺して、Vistaのdefrag自動起動機能についてもレジストリ設定でEnableAutoLayout=0とし、BootTime_Optimizationも殺して、dfrg.exeは自動起動しないようにしています。 このマシン群でshutdown時に電源がちゃんと切れたり、切れずに無限待ちになって長押し電源遮断せざるを得なくなったりする問題にずっと悩まされています。 長押し強制電源off後は、立ち上げなおしてから全diskの「chkdsk /F」を予約設定して2回のreboot(C:のchkdsk実施後、自動rebootしてD:E:Fをチェック)を経て、マシンを立ち上げなければならず、1時間程度の時間ロス(chkdsk設定に長時間が必要)が出るので。困ってしまうのです。  この状況は http://communityjp.norton.com/t5/forums/forumtopicpage/board-id/NIS_NAV/thread-id/3241 に報告しているように観察を続けてきましたが、さらに観察を続けた結果、この場合には必ずshutdownで電源が落ちなくなるという十分条件が判明しました。

 shutdown使用とする直前にNISの設定画面を開いてLiveUpdateの前回実行時刻表示を他のマシンの同時期のそれと比べたとき、他のマシンのそれが数分前の表示であるにもかかわらず、当該マシンの前回実行時刻表示が他より異常に長い数十分あるいは数時間であるとき(異常時)は、そのマシンをshutdownすると、必ず電源が落ちません。 通常の場合、手動でLiveupdateを実行して更新があった場合は、LiveUpdate終了時に前回実行表示が更新されて、「2秒前」とか「3秒前」に変化するのですが、「異常時」では数件のダウンロードと更新が報告されても「前回実行時刻」は不変であるケースが殆どです。 再度の手動LiveUpdateを実行すると、赤色で「作業中」が出て、前回のLiveupdateが失敗した旨の表示が出る場合が多いようです。 「異常時」からの手動Liveupdateで「前回実行時刻」が「数秒前」に更新される場合でも、shutdown時には必ず電源が切れない「無限地獄」になります。  加えて、全ての場合ではありませんが「異常時」に設定変更しようとして「設定」をクリックすると、「SymantecFrameNetworkが応答しません」と報告される場合があり、この時電子メール受信やExcelシートスキャンなどは失敗します。  重大なのは、この「異常」の発生は設定画面を開いて見なければ発見できないことです。 尚、「前回LiveUpdate時刻」が普通の値であっても、「無間地獄」になることも何度もありましたので、普通の「前回LiveUpdate時刻」の表示によって正常shutdownが約束されるわけではありません。即ち、「前回LiveUpdate時刻異常」は「無限地獄」の十分条件ですが、必要条件ではありません。  面白いことに、問題発生マシンでLiveUpdateの失敗が発生したと思われる同じ時期に稼働中であった他のマシンでは「無限地獄」にならずに正常shutdownできますし、同じマシンが正常shutdownしたり「無間地獄」になったりしますので、ある時点でのダウンロードファイルが不正であるとか、NISエンジン関連ファイルが損傷しているとかというのではなく、ウィルスパターンファイル更新時や更新後のユーザーNIS-DBへの更新反映処理時における他の各種サービスの稼働状況で起きる競合(タイミング)事情によって、異常に陥るかどうかが分岐する確率過程のように、思われます。

 MicrosoftのWindowsは見かけの立ち上がりを早く見せるために、システムの完全立ち上がり完了までに行われなければならない処理の大半をバックグラウンド実行して、ユーザー要求を受け付けるGUI画面を出来るだけ早く表示するという「インチキ」をやっています。 車でいえば、オートチョークでエンジンスタートさせて、エンジンが正常温度まで温まるのを待たずに走らせているようなものです。 Windows-Vistaはシャドウコピーを導入して安定性を高めた結果、XP比較でずっと重くなってしまいました。 NISを導入していないVista64では立ち上がってからディスクアクセスランプが1、2秒ごとに点滅するような安静定常状態になるまで、即ちエンジンが温まるまでの所要時間は、8コアの当方のマシンの場合で30分程度ですが、NIS2013を導入すると2時間以上になります。 立ち上げ後、ログオンしてProcessHuckerで読み書きされるファイルと読み書き実行のサービス(モジュール)をモニターして見ると、立ち上げ時のSearchIndexerなどVistaの処理が一応終わった後でも、ディスクランプは点灯しっぱなしであり、クイックスキャンが行われる時間帯もありますが、大半は各ドライブの$MFTや$Logfileに読み書きしながら、c:\ProgramData\Norton傘下のNISのTMP、ログファイルに読み書きしています。 ウイルスパターンファイルのDBの整備にこんなに時間がかかるとは考えられませんので、多分、ユーザーのマシンに存在する全ファイルの各パターン毎のスキャン記録や危険度情報などが記録されたNISユーザーDBを各種ログファイルを読んで更新し、なお且つその整合性をチェックしているように思えてなりません。  NISの内部動作は公開されていないので想像するしかないのですが、NIS2002の時代には自動スキャンや自動LiveUpdateはありませんでした。 自動スキャン機能が出てきたのはNIS2009あたりからだと記憶しますが、全部のファイルをスキャンするには時間がかかるので、いろいろ工夫しながら仕組みを変えて現在に至っているようです。 NIS2009当時は、アイドル時に低priorityで逐次スキャンを進めていき、指定期日を過ぎても全数スキャンが完了していないと、アイドル状態は無視して全スキャンを通常プライオリティで強制実行する仕様だったと思われます。 NIS2011あたりになってくると各ファイルごとにスキャン済みの記録を行い、飛ばしスキャンを行うことで、次回の全スキャンサイクルの所要時間短縮の工夫があったようです(NIS2011、NIS2012では「初回のアイドル完全スキャンは必ず完了させてください」と説明されていました)。 NIS2012に比較して、NIS2013では格段にエンジンが温まるまでの所要時間が長くなったので、多分パターンごとについてのスキャン履歴を拡張導入した結果ではないのかと推定しています。  スキャン処理高速化のための工夫が、NISユーザーファイルDBの維持管理のためのbackgroundタスクのシステム占有率を上げてしまい、パフォーマンス低下を招いている状況だと推定していますが、NIS2013で確認されている重要な事実があります。 それは、手動スキャンとアイドル自動スキャンとは、スキャンの実行スケジュール履歴管理上はまったく無関係なのだということです。 ある時点でのProcessHuckerによるモニター結果では、手動完全スキャンが完了してから放置すると、アイドルタイム経過後に、なんと、アイドル自動クイックスキャンが走り出しました。 これから想像するに、手動スキャンの結果は各ファイル別のスキャン履歴、結果情報を集録したNISユーザーDBには一切反映されていないものと思われます。

NIS2013ではccsvchstも未だ32bit版であり、64bit化されていません。 64bit版OS上での32bitアプリやサービスはさまざまの不具合の種を含んであり、このため32bit版OSでは起きない不具合やパフォーマンス低下が64bitOS環境下ではおきえます。 また、64bit版の「7」「8」ではkernel32.dllのエントリーがVistaから拡張されており、VisualStudio2012で開発したアプリは内部でVista64用と7-64、8-64用に分岐処理しておかないと、7/8-64では動くが、Vista64ではAbortされるものがビルドされてしまい、ccsvchstのようなサービスプログラムの場合、今回のLiveupdate起因の不具合と同様に、表向きは不具合の発生がユーザーには認識されないので注意が必要だと思います。

一日も早く、完全64bit版のNISがリリースされることを待望します。

Antworten

Danksagungen0

Re: NIS2013+Vista64で LiveUpdateがうまく完結していない時は、shutdownで電源offにならない

米国のフォーラムにも同様の報告があった

(1) 「Second day in a row NIS 2013 says last LiveUpdate was 17 hours ago 」 http://community.norton.com/t5/Norton-Internet-Security-Norton/Second-day-in-a-row-NIS-2013-says-last-LiveUpdate-was-17-hours/td-p/870938

但し。(1)の終わりのほうではCMOSバッテリーのへたりでの日付ズレという別原因の事例が混入しているので注意!

NIS2013の旧revisionではXP32でも問題があり

(2) 「Computer won't shut down properly with NIS2013」 http://community.norton.com/t5/Norton-Internet-Security-Norton/Computer-won-t-shut-down-properly-with-NIS2013/td-p/812570/page/4

小生の以下も含めて、まじめに取り組んで欲しいものだ

(3) 「NIS2013-Vista64でシャットダウンが完了しない」 http://communityjp.norton.com/t5/forums/forumtopicpage/board-id/NIS_NAV/thread-id/3241

(4) 「NIS2013+Vista64で LiveUpdateがうまく完結していない時は、shutdownで電源offにならない」 http://communityjp.norton.com/t5/forums/forumtopicpage/board-id/NIS_NAV/thread-id/3460

Danksagungen0

Re: NIS2013+Vista64で LiveUpdateがうまく完結していない時は、shutdownで電源offにならない

2月にUSのフォーラムサイトでBajaBoojumという人から全く同じ問題が報告されているではないか。

http://community.norton.com/t5/Norton-Internet-Security-Norton/Still-issues-with-NIS-2013/td-p/913811

Symantecはこの問題を無視し、何の修正活動もやっていないようだ。 この人は1月待ったが解決しないので、あきらめてNIS2012に戻したという。 3ヶ月も経っているのに、何もやらない。 Symantecを動かすには「爆破予告」を投稿して考え直させるしかないのだろうか?

BajaBoojum Regular Contributor Posts: 113  Registered: ‎05-29-2008

Re: Still issues with NIS 2013? ‎02-21-201306:57 PM

I am still using NIS 2012 on my Windows 8 64-bit desktop because I had the following issues with NIS 2013:

- Shut down and restart hangs where the hard drive light stopped flashing and no CPU activity was apparent, even though the Restart or Shut Down screens remained on for indefinite periods. -  Auto Fix attempting to turn back on the firewall or real time protection crashed Norton.  (Seems they've addressed this one). - Individual programs (Photoshop Elements 6, Adobe Reader, Outlook and Word 2007, among others) either wouldn't open or would hang. - Slow loading web pages in IE 10. - Action Center notifying me there was no firewall or anti-virus protection.  On my Windows 8 64-bit netbook with NIS 2013 I continue to get these notifications, but I just disable them.

I've seen quite a few complaints about these same issues from a number of people, so I don't think my problems are isolated.  There must be something about the specific configurations of some machines that create problems with Norton.

I tried all the suggestions in this and other forums but found that the only consistent (and immediate) solution was to roll back to NIS 2012, which I have been using for a couple of months now with absolutely no problems.  A while back I even reinstalled NIS 2013 on my desktop to collect logs for a Symantec tech, experienced three or four major crashes, sent off the logs, and didn't hear anything since.

Danksagungen0

Re: NIS2013+Vista64で LiveUpdateがうまく完結していない時は、shutdownで電源offにならない

修正が難航し、いい返事ができないだけ、と考えることはできませんか?

何十、何百、何千と報告が挙がってきていれば修正も早いでしょうが、ごく少数の限られた環境でしか発生していない場合は、修正は程遠いものとなるでしょう。

3ヶ月も、とお書きになっていますが、もっとかかって修正されることも多々あります。

なお、このフォーラムは、基本的には、ユーザー同士のコミュニケーション、情報交換の場です。

中の人も見ていますが、頻繁に見ているわけではないようです。

おそらく、サポートに直接提示して、開発部門に挙げてもらうほうが有益でしょう。

>Symantecを動かすには「爆破予告」を投稿して考え直させるしかないのだろうか?

冷静にいきましょう。

やったところで、威力業務妨害罪で処罰されるだけです。

利用規約

禁止行為

有 害(シマンテックの評判を害するフォーラムコンテンツを含む)、脅迫的、暴力的、嫌がらせ、私犯、中傷的、下品、わいせつ、名誉棄損、他人のプライバシー の侵害、不愉快な、または人種的、倫理的もしくはその他の点で好ましくないフォーラムコンテンツをアップロード、投稿、電子メール送信、転送またはその他提供すること

 

ご利用ガイドライン

Windows 10 pro 64bit / Firefox / NIS v.22
Danksagungen0

Re: NIS2013+Vista64で LiveUpdateがうまく完結していない時は、shutdownで電源offにならない

Palさま、ご忠告ありがとうございます。 SYmantecにはアクセス中です。気長に待たなければならないのかも。

http://community.norton.com/t5/Norton-Internet-Security-Norton/Product-Update-20-3-1-of-Norton-Internet-Security-and-Norton/td-p/940307 で報告されている20.3.1.22でのバグFIX事項として、ccsvchstがshutdown時に死んでくれないというバグをFIXしたとアナウンスされており、その問題例示としてUSフォーラムの http://community.norton.com/t5/Norton-Internet-Security-Norton/Computer-won-t-shut-down-properly-with-NIS2013/td-p/812570   が引用されています。 昨年9月に問題提起されてからFIXされるまで約半年かかった計算になるが、このフォーラムで議論されたのは殆どXP32であり64bitOSでの議論は数件しか報告がなかった。 20.3.1.22によりshutdown時に電源が切れないという問題が解決されたと考えがちだが、20.3.1.22でも64bitOSではshutdown時に電源が切れないことが頻発しているという事実から考えると、どうも解決したのは32bitOSに対してのみであり、64bit版OSについての根本解決はなされていないようだ。  ましてや、shutdown時電源切断不可の要因としてccsvchstが死んでくれないという理由のほかに、Liveupdateの失敗というもう一つの別要因が関係する可能性が見つかったので、32bitにおける問題解決より長引くかも知れずNIS2014でも直らないかもしれない。 特にLiveUpdate失敗の問題は経験的にわかっているように、起きたり起きなかったりする確率事象である為、これが解析を難しくしている。  

 Symantecのサポートには直接働きかけていますが、とかくこのような問題提起は「あなたのマシンだけの問題です」「稀有な構成でのみ発生する事象です」とみなされがちであり、一般的な問題として考えてもらうには多くのユーザーからの事例報告を積み上げることが必須です。 大半のユーザーが32bitOSなのかもしれませんが 64bitOSは「ごく少数の限られた環境」ではありません。 他の人からの「64bitOSの私のところでは○○回のシャットダウンで電源が切れなかったことが○○回でした」、「64bitOSで1週間使っているうちLiveupdateの失敗(前回時刻非更新)が○○回ありました」という情報がほしいですね。 投稿をお願いします。

Danksagungen0

Re: NIS2013+Vista64で LiveUpdateがうまく完結していない時は、shutdownで電源offにならない

NIS2013+Vista-ultimate(64bit、8コア、MEM=64GB)で、自動Liveupdateを有効にしていると、 日常の運用でshutdownを行うとき、約半数の場合で電源が切れません。 このshutdown時の電源遮断不能問題を解明するためにテストを行いました。 NISの設定は最適化(defrag)をOFF、マシンの電源設定はフルパワーです。

(1)Liveupdateを有効にしてマシンを電源オンにし、ログオンして、マシンの操作を一切行わずに放置し、  ディスクアクセスランプの点滅が約1秒毎にON/OFFする程度にマシンが安静化するまでまってから  (2~3時間が必要)シャットダウンを行う。  これを10回繰り返してみたところ、シャットダウンで  電源が切れない事態が3回発生した。

上の結果からshutdown時に電源が切れなくなる原因としては、自動Liveupdate(パルスupdateを含む)しか 思い当たらないので、

(2)全5台のワークステーションについて、各々、自動Liveupdateを永久的にOFFに設定し、  マシンを立ち上げ後、最初の操作として手動Liveupdateを行い、日常的に使いこんで シャットダウン直前に  手動でLiveupdateを2回行って、「更新不要」の表示を確認してシャットダウンすることにして数日  運用したところ、延べ20回ぐらいのshutdownを行ったが、電源が切れない事態が1回発生した。

自動LiveUpdate有効時に手動LiveUpdateすると、「作業中」「Liveupdateが完了しましたがエラーが発生しました」 となって、更なる手動Liveupdateが実行不能になる「事件」では、LiveUpdateでのダウンロード、更新は成功するが、 その後のc:\ProgramData\Norton\配下のパターンファイルデータベース、ユーザーファイルデータベースの更新処理、 特にユーザーファイルデータベースの更新処理でエラーが発生しているのではないかと疑った。 また、毎回立ち 上げ時に安静化まで2~3時間かかることから、データベース更新処理にはそれなりに時間がかかると思われる。 それならデータベース更新処理が始まる前、あるいは更新処理でエラーが発生する前にシャットダウンしてしまえば、 更新は中止ないしはrollbackされるので、エラーが発生していない状態でシャットダウンされるので、電源が切れないという事態にはならないだろうと考えた。 そこで、

(3)全5台のワークステーションについて、各々、自動Liveupdateを永久的にOFFに設定し、マシンの立ち上げ時  直後の手動Liveupdateは行わず、シャットダウンする直前にのみ、手早く手動Liveupdateを2回行って、 「更新不要」の表示を確認してシャットダウンすることにして、全部の5台を運用したところ、業務終了直前にのみ  手動Liveupdate方式への運用変更後、少なくとも延べ30回以上のシャットダウンを行っているが、全ての場合で  電源は切れており、電源遮断不能の「無限地獄」になることは一度も発生していない。

この結果を含め、これまでの観察経過から、パルスupdateを含む自動Liveupdate実行後の処理に問題があった、また 問題がある状態が続いているという確証を得た。 とりあえずの対応としては、自動LiveUpdateを永遠無効にして のshutdown直前の手動LiveUpdate実施で問題発生を回避しています。

Danksagungen0

Re: NIS2013+Vista64で LiveUpdateがうまく完結していない時は、shutdownで電源offにならない

20.3.0.40を5台のマシンに導入後、1日以上経過し、延べ10回以上のシャットダウンを行っているが、Liveupdate実行後に「作業中」になる事態の発生は一度も無く、電源が切れない問題も発生していない。  一見、本件は20.3.0.40でFIXされたようにも見えるのだが、NIS2013-20.3.1.22での発生原因の特定とその修復の報告がない以上、解決されているとは言い切れない。  継続して、観察を続けることにする。

本フォーラム、またUSのフォーラムを見る限り、発売当初のNIS2013は64bitOS上では「余りにも不具合が多すぎて、使い物にならない」という悪評が高く、とりあえずNIS2012に戻してSymantecでの開発修正状況の様子を見るというユーザーが多かったように思われるが、今回の20.3.0.40のリリースでやっと使えるものになってきたようである。 「安静化時間」を立ち上げ処理が全て終わって、大半のバックグラウンド処理が終了し、タイマー起動が予約されているタスクは抱えるものの、ユーザーの指示待ち状態で、空回り状態となるのに要する時間と定義することにするが、NIS2013-20.3.1.22の場合、Win-Vista64では毎回の起動時における安静化時間が3時間程度かかっており、NISの管理用データベースが毎回立ち上げる毎に作り直されているとしか考えられない動きであったが、20.3.0.40に更新した後では安静化時間が初回こそ3時間程度ではあるものの、以後の立ち上げ時には30分~1時間程度になっており、前回構築済みの管理用データベースを継続使用することによって、安静化時間を短縮できるようになったことが確認できた。 やはり、NIS2013-20.3.1.22の64bitOS下使用では管理用データベースの構築が欠陥含みの不完全に終わっていたものと思われる。