• コミュニティ内すべて
    • コミュニティ内すべて
    • フォーラム
    • 提案
    • ブログ
高度

拍手3 Stats

フリー Wi-Fi を利用するときに気をつけること

フリー Wi-Fi は、地元のカフェでも、旅先のホテルや空港でも、あらゆる場所で利用できます。Wi-Fi のおかげで、私たちの生活はいくぶん快適になりましたが、それと同時にノート PC やスマートフォンでやりとりする個人情報がセキュリティリスクにさらされます。ここでは、フリー Wi-Fi を利用するときに気をつけるべき点について説明します。

セキュリティで保護されているフリー Wi-Fi とそうでないフリー Wi-Fi を見分ける方法

フリー Wi-Fi は、基本的にセキュリティで保護されているものと保護されていないものに分けられます。保護されていないネットワークは、パスワードやログインのようなセキュリティ機能がなく、電波が届く範囲内であればすぐに接続できます。一方で、保護されているネットワークでは、ユーザーが使用条件に同意し、アカウントを登録するか、パスワードを入力してネットワークに接続する必要があります。また、パスワードを入手したりネットワークにアクセスしたりするために、利用料または店舗での購入が必要な場合もあります。

接続の種類に関係なく、フリー Wi-Fi を利用する際は常に注意が必要です。以下の点に気をつけることをお勧めします。

  • まず、最も重要なことは、フリー Wi-Fi を利用するときに、仮想プライベートネットワーク(VPN)を使用して、セキュリティを確保し、プライバシーを確実に保護することです。ノートン WiFi プライバシーのような VPN では、スマートフォン、タブレット、PC、Mac を使用してフリー Wi-Fi スポットを経由して送受信されるすべてのデータを暗号化します。この暗号化により、同じネットワーク接続を利用している他のユーザーからあなたの情報を保護します。
  • できるだけ、セキュリティで保護されたフリー Wi-Fi に接続します。保護されたネットワークに接続できず、保護されていないネットワークに接続する場合は、接続時に何らかのログインまたは登録を求められるネットワークならば利用してもかまいません。
  • セキュリティで保護されていないネットワークでは、個人の銀行口座などの大切な個人データにアクセスしません。セキュリティで保護されたネットワークでさえも危険を伴う可能性があります。フリー Wi-Fi でこのようなアカウントにアクセスする必要がある場合は、十分に注意するか、VPN を使用して情報が確実に暗号化されるようにします。
  • 公共の場では、ノート PC、タブレット、スマートフォンを置いたままにしてはいけません。セキュリティで保護された Wi-Fi ネットワークを利用している場合でも、誰かがデバイスを盗み見たり、持ち去ったりする恐れがあります。
  • セキュリティで保護されていないフリー Wi-Fi を利用しているときにネットショッピングをしないようにする。ネットショッピングと機密データは関係が無いとお思いかもしれませんが、オンラインで購入するときには、銀行口座、お店のログイン情報などの個人情報が必要になります。ネットショッピングは、セキュリティで保護されていない Wi-Fi ネットワークで行うべきではありません。
  • 自動接続をオフにします。ほとんどのスマートフォン、ノート PC、タブレットには自動接続設定があり、1 つのWi-Fiスポットから次のWi-Fiスポットへとスムーズに接続が切り替わるようになっています。これは便利な機能ですが、普段利用しないネットワークにデバイスが接続される可能性があります。特に、知らない場所に出掛けているときは、この設定をオフにします。

まとめ: 公共の場でも、自宅でも、Wi-Fi を利用する場合は VPN が最善の対策です。ノートン WiFi プライバシーは、どこで Wi-Fi に接続してもお客様の大切な情報を守ります。

フリー Wi-Fi を使用する危険性について、またフリー Wi-Fi スポットで個人情報を保護する方法について、もっと知りたいですか? フリー Wi-Fiを安全に使用するためのヒントについて、以下のブログをお読みください。

フリー Wi-Fi のリスク

VPN とは何でしょうか? また公衆 Wi-Fi ではなぜ VPN を使用すべきなのでしょうか?

休暇中のモバイルデバイスやフリー Wi-Fi のセキュリティについてのガイド

30 秒テクノロジー講座: VPN とは?

4G と Wi-Fi の安全性

ログなし VPN ネットワークとは

コメント

拍手0

Nope no the last "don't" doesn't make any sense. Public places like a Public Library sets how much transfer download rate a connected device speed uses.

Plus its convenient to save money if you need to update your apps or programs on your portable devices (iPad, tablet, laptops & etc). Particularly if you're struggling financially.