• コミュニティ内すべて
    • コミュニティ内すべて
    • フォーラム
    • 提案
    • ブログ
高度

拍手0

モバイルフィットネスデータのセキュリティを確保する方法

今人気の新しい技術と言えば、携帯用のフィットネストラッカーです。ここでは、あなたのデータを安全に保護し、便利なトラッキング機能付きデバイスを健康増進のために継続的に活用するための方法を紹介します。 技術の進歩により、食事、睡眠、運動から、心拍数や血圧の数値に至るまで、日常生活のあらゆる情報を記録できるツールが登場しました。一見、こうした種類のデータがネット犯罪者に狙われるとは想像できません。しかし、日常の行動を GPS を利用して記録しているとしたら、その情報をネットストーカーに悪用される恐れがあるのです。また、ジョギングの際に記録した走行距離や走行場所などの情報を、広告活動に利用される可能性があります。たとえば、ランニングシューズの買い換え時期をデータから推定して広告が表示されるかもしれません。さらに、デバイスを通して個人情報 (名前、年齢、位置情報など) を共有している場合は、それらを盗まれる恐れがあります。こうしたデータを収集すれば、ユーザーの実像をより正確に把握できてしまうのです。極めて個人的な健康データを記録し、Bluetooth LE や無線インターネットを経由して転送するウェアラブルデバイスも存在するため、こうしたデバイスに保存されている個人情報はネット犯罪者の格好の標的になります。 健康記録用のウェアラブルデバイスとアプリについて詳細な調査 (英語) を行...
もっと読む
拍手0

インターネットセキュリティ上の懸念とスマートフォン

More people own smartphones than PCs in today's market, and that makes the mobile platform extremely desirable to cybercriminals. Learn how to secure your personal data.

もっと読む
拍手1 Stats

フィッシング詐欺から身を守る方法

フィッシング詐欺とは、相手を騙して個人情報を漏えいさせようとする、古くから存在するインターネット詐欺の一種です。 フィッシング詐欺は基本的にオンライン上で行われるもので、フィッシング詐欺師は、テクノロジーに詳しいというだけで普通の窃盗犯や詐欺師と何ら変わりはありません。フィッシング詐欺では、スパム、悪質なウェブサイト、電子メール、インスタントメッセージを悪用して標的を騙し、銀行口座やクレジットカード情報、ユーザー名、パスワードなど、大切な個人情報を漏えいするよう仕向けます。 フィッシング詐欺を見破るには フィッシング詐欺の手口はさまざまです。電子メールや SNS のメッセージ、インスタントメッセージ、SMS メッセージ、さらにはインターネットチャットルームを悪用して、個人情報を引き出そうと罠を仕掛ける場合もあれば、ユーザーを騙してスパイウェアなどの悪質なプログラムをインストールさせようとする場合もあります。スパイウェアに侵入されると、あなたがパソコン上で入力した情報が奪われてしまうかもしれません。ここでは、用心する必要のある一般的な詐欺の手口や危険信号をご紹介します。 正規の企業を装った電子メールで個人情報を尋ねてきたり、悪意のあるウェブサイトに誘導して情報を入力させようとしたりする可能性があります。その際、本物の企業ロゴや、本物に似せた偽の電子メールアドレスが使...
もっと読む
拍手1 Stats

情報漏えい - 警戒は最大の防御

一昨年、数百万人もの消費者に影響を与える情報漏えい事件が数件発生し、注目を集めましたが、詳細が明らかになるにつれて、「常に警戒を怠ってはならない」のだと思い知らされました。消費者セキュリティ専門家の Gerry Egan 氏は、「問題意識を持つことはもちろん重要だが、やすやすと犯罪を成功させないように犯罪者の狙いを理解しておくことも同じくらい重要だ」と指摘しています。 今回 Egan 氏に、クレジットカードを使って買い物をする際の危険性に関する質問に回答していただきました。 どんな情報が盗まれ、どのように悪用される危険がありますか? POS (販売時点情報管理) システムへの攻撃では、犯罪者は 16 桁のクレジットカード番号を盗みます。盗まれた番号は、別のカードの磁気ストリップに記録され、悪用されます。このとき犯罪者は、盗んだ番号を被害者の現住所周辺で使うことが最も効果的と考えます。というのも、被害者がいつも買い物をしている地域で使用すれば、犯罪者が不正使用をしても警告される可能性が低くなるからです。 犯罪者が、盗んだクレジットカード情報をオンラインで使用するのはそう簡単ではありません。多くのオンラインストアでは認証手続きを導入しており、有効期限やセキュリティコード (CVV) などを入力する必要があるからです。それでもなお、オンラインストア上での不正使用被害...
もっと読む