• コミュニティ内すべて
    • コミュニティ内すべて
    • フォーラム
    • 提案
    • ブログ
高度

拍手1 Stats

ファイアウォールの話

ファイアウォールとは、その名の通り「防火壁」を意味し、実際の防火壁と似たような役割を果たします。パソコンと外部ネットワークとの境界に設置され、オンラインに潜むさまざまな脅威からあなたを保護します。ファイアウォールには、ソフトウェア型、ハードウェア型、またはその両者を組み合わせたものがありますが、いずれも、あなたに情報を送信できるユーザーを制限することでパソコンを保護します。ネットワークを出入りする情報はすべてファイアウォールを通り、そこで指定されたセキュリティ条件に従って許可またはブロックされます。 ファイアウォールの働き 権限のないユーザーが、インターネットに接続されているパソコンやネットワークにアクセスするのを防ぎます。 インターネット上の他のパソコンとの通信を監視します。 保護するための「盾」を使って、パソコン上の情報へのアクセスを許可したり、ブロックしたりします。 他のパソコンから接続が試行された場合に警告します。 パソコン上のアプリケーションから他のパソコンに接続しようとした場合に警告します。 ファイアウォールで保護できないもの ファイアウォールは電子メールの内容を判断できないため、電子メールを介して送られてきたウイルスやフィッシング攻撃から保護することはできません。 電子メールに添付されているウイルスから保護することはできません。疑わしい添付ファイ...
もっと読む
拍手5 Stats

パスワードはこうして盗まれる

ハッカーにとってパスワードとは、泥棒にとっての鍵のようなものです。鍵やパスワード自体にそれほど価値はありませんが、それらを使って手にする個人情報や財産には価値があります。パスワードはデジタルの「カギ」だと考えてください。パスワードがあれば、友達や同僚とのつながり、連絡先情報、写真、動画、電子メール、さらにはネットバンキングや支払い明細といった重要な情報など、あなたの生活すべてにアクセスできてしまいます。 弱いパスワードは簡単に推測されてしまう可能性があります。セキュリティ対策をおろそかにしていると、ハッカーに付け入る隙を与えかねません。しかし、安全なパスワードを作成し、セキュリティ対策を導入することで、攻撃者の侵入や盗難を防止することができます。 ハッカーはパスワードを盗むために、何も魔法や特別な方法を使っているわけではありません。辞書攻撃を仕掛ける、SNS から情報を探す、パスワードクラックツールを使う、といった手口で推測しているだけです。 辞書攻撃 辞書攻撃は、パスワードに使われることの多い一般的な単語をリスト化しておき、手当たり次第に試すプログラムを使用します。単語やフレーズを使ったパスワードは弱く、こうしたプログラムで推測されやすいのです。辞書攻撃からアカウントを保護するためには、パスワードに一般的な単語やフレーズを使用しないようにしてください。 辞書攻撃か...
もっと読む
拍手4 Stats

クレジットカード情報の漏えい

小売店の中には、すでに POS 端末の保護対策を講じているところもありますが、より安全な決済テクノロジーに移行しない限り、POS 攻撃に対して脆弱であることに変わりはありません。そのため、このようなタイプの詐欺の被害に遭わないようにするためには、消費者側で警戒をする必要があります。 POS 攻撃とは POS 攻撃とは、小売店の顧客から 16 桁のクレジットカード番号を盗み取る攻撃のことです。多くの場合、盗まれたクレジットカード番号はアンダーグラウンド市場で売買され、1 枚あたり最高 100 ドル程度で取引されます。ここで売買された情報は、偽のクレジットカードを作成するために使われる可能性があります。意外なことに、POS 攻撃は、大規模小売店よりも POS システムが脆弱な中小規模の小売店で多く発生しています。 POS システムを攻撃する手口 たいていの場合、POS 攻撃は複数の段階を経て行われます。まず、攻撃者は POS システムに侵入するために、標的とする小売店のネットワークに侵入します。次に、POS システムへの侵入に成功したら、盗み取った情報を小売店のネットワークから外部に転送するためのマルウェアをインストールします。 攻撃者が小売店のネットワークに侵入する手口はさまざまです。その 1 つとして、ネットワークシステム内の脆弱性を悪用し、悪質なコードを埋め込む方...
もっと読む
拍手2 Stats

モノのインターネット

ウェアラブルデバイス、スマートホーム、そしてコネクテッドカー。最近は、こうした比較的新しい技術が話題になっています。ポケットにあるデバイスから家電や車に至るまで、あらゆるモノがあなたの生活行動に関する情報を発信するようになる可能性がありますが、そこにはある共通点があります。それは、モノがインターネットにつながり、あなたもモノにつながるということです。モノ同士がつながることもあるでしょう。この新しい技術概念は、モノのインターネット (IoT) と呼ばれています。 モノのインターネット (IoT) により、リストバンドや心拍計などのウェアラブルデバイスを使って、健康状態を記録したり健康目標を管理したりできます。訪れた場所や現在位置などを記録することも可能です。スマートホームによって、「便利さ」の概念も飛躍的に進化しました。自宅の防犯カメラのチェック、玄関ドアの施錠や開錠、室温や照明の調整、オーブンの予熱、テレビの電源オフといった操作を、スマートフォンで数回タップするだけでリモートから行うことができるのです。また、最近の車もコンピュータ化が進んでおり、自動車メーカーは IT 企業と提携して、標準的な Bluetooth 技術だけにとどまらない真の接続性を車に取り込もうとしています。 新たな IoT 技術や製品が急速に市場に広まり、消費者と企業の双方がこの変革を歓迎している中で、...
もっと読む
拍手5 Stats

タダより高いものはない

世の中には無料の製品もたくさんあるのに、どうしてセキュリティソフトにお金を払わなければならないのか? と疑問に思う人もいるかもしれません。 さまざまなデバイスからインターネットに接続する機会が増えている昨今、データの侵害事件についてメディアで取り上げられているのを目にすることも多くなりました。インターネット上のデータに関する事件がニュースになると、デバイスに潜むセキュリティの問題に対する認識も高まります。警戒を怠らないことが重要なのはもちろんですが、自分の身を守るために最も簡単な方法はセキュリティ製品をインストールすることです。 ここで、あなた自身やデバイスを保護するための選択肢は、大きく分けて 2 つあります。無料のセキュリティソフトをインストールするか、または有料のセキュリティソフトを購入するかです。 無料というと聞こえはいいですが、果たして本当に「タダ」なのでしょうか? デバイスに保存されている個人情報や重要な記録、かけがえのない写真やファイルについて考えてみてください。大切な情報が危険にさらされたときに、無料の製品にすべてを任せることができますか? 答えを出す前に、無料製品について次のような視点から検討してみてください。 提供されるのは最小限の保護だけ 一般に、無料のセキュリティソフトが提供するのは、基本的な機能とデバイスに対する最小限の保護に限られます。あ...
もっと読む
拍手3 Stats

クッキー (Cookie) って何?

クッキー (Cookie) とは何なのか、またどのような働きをするかは知らなくても、インターネットを利用していればその名前を一度は耳にしたことがあるでしょう。マイナスイメージがあるせいか、危険なものだと思っている人もいるかもしれませんが、クッキー自体は実際には無害でシンプルなものです。ただし、プライバシーが心配な場合は、いつでも無効にすることができます。 そもそもクッキーとは何か クッキーは小さなテキストファイルで、ウェブサイトにアクセスしたり特定の電子メールを開いたりすると、パソコンやモバイルデバイスに保存されます。基本的に、クッキーは、ウェブサイト側で以前にアクセスしてきたことのあるユーザーかどうかを識別するためのものです。ユーザー固有の ID カードのようなものだと考えてください。複数のタイプがあり、ウェブサイトが正しく動作するために必須なものもあれば、必須ではないものもあります。 クッキーは、主にウェブサイトが正しく効率的に動作するために使われており、さらにはユーザーに関する重要なビジネス情報やマーケティング情報をサイトに提供します。ウェブサイトは、クッキーのお陰で、言語や居住地域などの閲覧環境や行動に基づいて、ユーザーに表示するコンテンツをカスタマイズすることができるのです。 トラッキングクッキー (Tracking Cookie) は、情報収集やカスタマイ...
もっと読む