• コミュニティ内すべて
    • コミュニティ内すべて
    • フォーラム
    • 提案
    • ブログ
高度

拍手3 Stats

デバイスに会話を盗聴される時代

自宅でくつろいでいるときですら、暗号で話さなければならない時代になるのでしょうか。最近、音声認識機能が搭載された 「スマート TV」 のセキュリティリスクについて話題になりました。スマート TV は、音声認識機能を使って人の声でテレビのチャンネルを変更したり、音量を調整したりすることが出来るわけですが、音声コマンドを認識するために会話を盗聴し、その情報が第三者に送信されていると指摘されたのです。音声認識機能を通して、常に会話を 「盗聴されている」と考えると恐ろしくなりますが、今のところはまだそんなに怖がらなくても大丈夫なようです。とはいえ、今後音声認識技術が普及して、新しく販売されるデバイスにどんどん導入されるようになれば、それに伴い発生するリスクを認識しておくことが重要になります。...
もっと読む
拍手0

モバイルフィットネスデータのセキュリティを確保する方法

今人気の新しい技術と言えば、携帯用のフィットネストラッカーです。ここでは、あなたのデータを安全に保護し、便利なトラッキング機能付きデバイスを健康増進のために継続的に活用するための方法を紹介します。 技術の進歩により、食事、睡眠、運動から、心拍数や血圧の数値に至るまで、日常生活のあらゆる情報を記録できるツールが登場しました。一見、こうした種類のデータがネット犯罪者に狙われるとは想像できません。しかし、日常の行動を GPS を利用して記録しているとしたら、その情報をネットストーカーに悪用される恐れがあるのです。また、ジョギングの際に記録した走行距離や走行場所などの情報を、広告活動に利用される可能性があります。たとえば、ランニングシューズの買い換え時期をデータから推定して広告が表示されるかもしれません。さらに、デバイスを通して個人情報 (名前、年齢、位置情報など) を共有している場合は、それらを盗まれる恐れがあります。こうしたデータを収集すれば、ユーザーの実像をより正確に把握できてしまうのです。極めて個人的な健康データを記録し、Bluetooth LE や無線インターネットを経由して転送するウェアラブルデバイスも存在するため、こうしたデバイスに保存されている個人情報はネット犯罪者の格好の標的になります。 健康記録用のウェアラブルデバイスとアプリについて詳細な調査 (英語) を行...
もっと読む
拍手1 Stats

「コネクテッドカー」のセキュリティリスク

「コネクテッドカー」という新しいテクノロジーのコンセプトは非常に画期的です。ここでは、コネクテッドカーに起こり得るセキュリティリスクと安全対策について説明します。 自動車のコンピュータ制御化が進む中、コネクテッドカーという最先端テクノロジーで実現できるのは、エンターテイメントシステムやハンズフリー通話にとどまりません。多くの新型車では、Bluetooth 接続で電話の基本機能を使用できるのは当たり前になっており、自動車メーカーや開発者は、車内で直接実行される、より総合的なコンピュータ制御インターフェースの実現に向けて提携を進めています。 現在、サービスやアプリケーションは 2 つの方法で自動車に提供されています。1 つはスマートフォンやタブレットを無線通信で自動車に接続する方法、もう 1 つは独立した Wi-Fi、Bluetooth、4G LTE 接続を備えた自律型車載コンピュータシステムを使用する方法です。 ここ数年で、スマートフォンを自動車に統合することで運転が大幅にシンプル化されました。GPS やストリーミングオーディオなどのスマートフォン機能を車内で使用することはごく当たり前になっています。しかし、運転中のインターネット接続にはマイナス面もあるのです。目的地に着くために必要な情報や、その他の「インフォテイメント (※)」機能を利用するのと引き換えに、あなたの...
もっと読む
拍手1 Stats

スマートホームの利便性の裏に潜むリスク

The connected home, or smart home, is the next big thing within the Internet of Things (IoT). Here we examine the security concerns of this new emerging technology, and give you tips on how to keep your automated home safe.

もっと読む