• コミュニティ内すべて
    • コミュニティ内すべて
    • フォーラム
    • 提案
    • ブログ
高度

拍手0

Apple 社は年末商戦間際に何百もの偽のショッピングアプリを削除

年末商戦の本格化を目前にしたこの数週間、App Store に偽のアプリが続々と姿を現しました。その大半が、高級品を割引価格で販売するハイエンドのデザイナーブランドを装うものです。

幸いにも Apple 社の対応により、報告のあった何百もの偽のアプリはすでに削除されています。Apple 社には、悪質な不正アプリを排除するための厳しいアプリ審査プロセスがあります。ところが、Apple 社が承認したアプリでも、承認したあとに開発者がコンテンツを変更できるために、今回のように悪質なアプリが混入してしまうのです。

偽のアプリの見分け方:

App Store ではアプリのレビューを必ず読みましょう。評価から、アプリについて何かが見えてくるはずです。目当てのアプリにレビューがない場合は危険信号です。

  • 偽の悪質なアプリには、数々の問題が懸念されます。セキュリティやプライバシーのリスクが生じたり、バッテリやデータ使用量の点からデバイスのパフォーマンスが低下したりすることなどが考えられます。こうした偽の悪質なアプリの目的は、クレジットカード情報や個人情報を盗んだり、迷惑なポップアップ広告を表示したりすることです。
  • アプリの公開日を確認 – 公開されて間もない場合やユーザーがほぼ皆無の場合はどうでしょうか。リスクへの許容度と照らし合わせて考えてみましょう。
  • アプリの説明に使われている言葉を確認 偽アプリの多くには、スペルミスや誤植が見られ、文法が破たんしていることさえあります
  • 迷ったときは – メーカーのウェブサイトにアプリの公式版がないかを確認し、見つかったらそのリンクから公式版を入手します。アプリが用意されていない場合は、ウェブサイトから直接購入するのが一番です。