• コミュニティ内すべて
    • コミュニティ内すべて
    • フォーラム
    • 提案
    • ブログ
高度

お探しの情報が見つからない場合、 フォーラムで質問してください。

このフォーラムスレッドには解決策が必要です。
拍手0

【Norton Ghost15】リストア(復元)後、ブートマネージャーが表示されるようになってしまいます。

返信

拍手0

Re: 【Norton Ghost15】リストア(復元)後、ブートマネージャーが表示されるようになってしまいます。

Norton Ghost15についてお尋ねします。

インストールせずに製品CDから起動して、PCのバックアップ、リストアをしたのですが、

リストア後、PCを起動すると毎回Windowsブートマネージャーが表示され、「Windows 7」と「Windows Vista/Windows Server 2008/Windows 7」という選択項目が表示されるようになってしまいました。

これはGhost15の仕様でPCは正常に復元されているのでしょうか。

こちらの操作ミスでしょうか。

あるいは、Ghost15に不具合があるのでしょうか。

PCは、 OS:Windows 7 HomePremium(64Bit)、 HDD:1台、 HDDの構成:「システムで予約済み(100MB,アクティブ,・・・)」,「Cドライブ(残りの領域、ブート,・・・)」です。

システムで予約済み領域は、Windowsインストール時に作成されるものです。

新品のHDDにWindows 7をインストールしただけです。

Ghost15の製品CDで起動し、HDD内の上記パーティションをバックアップしました。

リストアの時は、まず、念のためにHDDを未初期化と同じ状態にするために、Windows 7のインストールDVDから起動しコマンドプロンプトからDISKPARTコマンドのClean命令で、HDDの先頭のMBRなどのブート領域などをクリアした後、Ghost15の製品CDから起動し、リストアを行いました。

ウィザード内でMBRを復元するという項目にもチェックを入れました。

リストア後、PCを起動すると冒頭の通りWindowsブートマネージャーが表示されるようになってしまいました。

Windowsブートマネージャーの画面で、どちらを選択しても、見た目には普通にWindows 7が起動します。

PCは正常にバックアップ、復元されているのでしょうか。

よく分からないのですが、Ghost15が「システムで予約済み」の領域を正しく認識できないということでしょうか。

Ghost15が、単に、MBRなどのブート領域やファイルなどHDDの中身を忠実にバックアップし復元してくれるなら、このような表示などはされないと思うのですが。

Ghost15では、復元するときなどにバックアップされた一部ファイルやブート領域をオリジナルと異なる書き換えをして復元してしまうのでしょうか。

また、Ghost15はMBRやブート領域も全て正確にバックアップするのでしょうか。

MBRなどのバックアップファイルは見当たらないのですが。

或いは、MBRやブート領域はバックアップせずリストア時にGhost15自身がMBRやブート領域を作成してHDDに書き込んでいるのでしょうか。

元通り忠実にバックアップ、復元はできないのでしょうか。

DISKPARTコマンドのClean命令については、もし、Ghost15が、全てを忠実にバックアップ、復元するのであれば、Clean命令を行ったとしても、復元には悪影響はないと思うのですが、ダメなのでしょうか。

SmartSector機能をオフにすれば、全く同じにバックアップ、復元できそうな気はしますが、時間がかかりそうです。

何かお分かりになる方がいらしたら、よろしくお願いします。

(改行を入れさせて頂きました。)

拍手0

Re: 【Norton Ghost15】リストア(復元)後、ブートマネージャーが表示されるようになってしまいます。

Windowsブートマネージャの表示の事以外では、製品CDによる起動でのバックアップ・リストアによって、システム全体は正常にバックアップ・復元はされているのでしょうか? 復元後のシステムに、不具合が潜んでいる可能性はないですか?
拍手0

Re: 【Norton Ghost15】リストア(復元)後、ブートマネージャーが表示されるようになってしまいます。

ORIGAMI様

色々と試して見たのですが、ブートマネージャが表示されるパターンは発生しませんでした。

むしろ、DISKPART時にClean allを行い、リストア時に最初に「システムで予約済み」を選んでしまうと、

「Cドライブ」選択時にMBRの復元が出来ず、起動しなくなる現象は発生しました。

最初に、「Cドライブ」を選択して、MBRの復元にチェックを付けてから「システムで予約済み」を選択すると問題なくリストアして

起動しました。

当初実際に再現テストを行う前に、Clean allをしてしまったので、MBRが消えてしまい、Ghostの持つMBRを

付与するためにORIGAMI様の環境のような状態になっているのではないかと予想しました。

しかし、問題なく終ってしまったので肩透かしでした。

1つだけ言えるのは、バックアップしたイメージの問題ではなく、MBR領域の問題だということです。

復元後のシステムには影響は無いといえるのではないでしょうか?

MBRの修復を行えば解決するような気がします。

この点についてはメーカー製のマシンなどでは独自領域を用意したりしていますので、

かなりマシン環境やOSの環境に依存しそうな問題ですね。

引き続き検証は行ってみたいと思います。

株式会社シマンテックノートン コミュニティ 日本版コミュニティモデレーター  トキタ
拍手0

Re: 【Norton Ghost15】リストア(復元)後、ブートマネージャーが表示されるようになってしまいます。

トキタ様 いろいろ試していただいたようで、ありがとうございます。

時間をとらせてしまい、すみません。

システム本体に問題はないということですね。

トキタ様の場合、「Cドライブ」を先に選択してMBRを復元するようにするのですか。

パッケージのWindows7をクリーンインストールしマザーボードのドライバをインストールしただけで、メーカー特有の特殊領域は無くや、他のアプリケーションはインストールしていない状態です。

Clean命令にallオプションを付けるとHDD全体を0で上書きしてくれるようですが、時間がかかるので、「Clean」のみ(ブート領域と最後尾を0)にしました。

コールドバックアップのリストアは、ウィザードで、まず、「システムで予約済み」のバックアップファイルを選択し、追加ボタンで「Cドライブ」のバックアップファイルを選択し追加しました。

そして、各々のバックアップファイルについて、ファイル名をクリックし反転表示させて編集ボタンでオプション?画面にして、どちらのファイルについても復元後に検証するようにチェックを入れ、残りのオプションはデフォルトの状態のままとしました。

そしてリストアを実行しました。

MBRを復元するオプションは、「システムで予約済み」のバックアップファイルの編集(オプション)画面ではチェックが入っていましたが、「Cドライブ」のほうは入っていません。

これでブートマネージャーが起動しました。

「Clean」後、コールドバックアップのリストアの公式の正しい手順、各バックアップファイルの正しいオプション設定はどのようなものでしょうか? もし、ご存知でしたらよろしくお願いします。

(改行を入れさせて頂きました。)

拍手0

Re: 【Norton Ghost15】リストア(復元)後、ブートマネージャーが表示されるようになってしまいます。

ORIGAMI様

詳細な情報ありがとうございます。

ORIGAMI様のプロセスで一度試してみます。

Ghostについて公式の正しい手順というのは私も聞いたことが無いです。

基本的にはウィザードに則って進めるのが公式で、途中のオプション等は「適宜設定する」としか聞いていないんですよね。

バックアップについては、それほど設定が無いのでいいのですが、リストア(復元)については、それなりにオプションがありますね。

もう一度資料など調べてみます。

あまり社内にも資料は多くないのですが。

株式会社シマンテックノートン コミュニティ 日本版コミュニティモデレーター  トキタ
拍手0

Re: 【Norton Ghost15】リストア(復元)後、ブートマネージャーが表示されるようになってしまいます。

ORIGAMI様

しばらく検証が出来なかったので、返信できずにすみませんでした。

さて、ORIGAMI様の手順でリストアプロセスを試みたのですが、「システムで予約済み」の「マスターブートレコードの復元」の項目が当方ではグレーアウトされているのでチェックを入れることができませんでした。

この部分が原因でブートマネージャが起動するようになったと思われますが、なぜ「システムで予約済み」の「マスターブートレコードの復元」にチェックが入れられる状態になっているのかわかりません。

一番最初のWindowsをインストールする時に昔のOSのMBRが残っていたとか考えられないでしょうか?

株式会社シマンテックノートン コミュニティ 日本版コミュニティモデレーター  トキタ
拍手0

Re: 【Norton Ghost15】リストア(復元)後、ブートマネージャーが表示されるようになってしまいます。

トキタ様 ありがとうございます。

改行すみません。

私の投稿内容はフォーラムに適していますか?

詳しいわけではないですが、Windows7は、初期化されパーティションが作成されているHDDにインストールすると、作成されるのは「Cドライブ」のみで「システムで予約済み」は作られないので、7のインストール前にMBRが残っていたということはないと思うのですが・・・

また、HDDは新品で、7を何度かインストールし直しましたが、インストール前には必ず「Clean」を行っていたので・・・

すみません、以前の返信を修正します。

修復ウィザードでは2パーティションの選択追加順などによって、各々のMBR復元オプションのチェック状態が違ってくるようです。

Clean後、「システムで予約済み」のMBR復元オプションにはチェックが入っています。

Clean後、「システムで予約済み」選択ー>「Cドライブ」追加、とすると、「Cドライブ」のMBR復元オプションはグレーアウトでチェックは入っていません。

Clean後、「Cドライブ」選択ー>「システムで予約済み」追加、とすると、「Cドライブ」のMBR復元オプションはグレーアウトですがチェックが入っていました。

(また、「システムで予約済み」の編集(オプション)画面で「Cドライブ」をクリックした場合のMBR復元オプションと、「Cドライブ」の編集画面にしたときのMBR復元オプションの状態にも違いがあります。

(分かり難い表現ですが)) 2つのバックアップファイルの選択追加をやり直す場合、修復ウィザードを一旦キャンセルしてもう一度ウィザードに入る方法と、戻るボタンで2つのバックアップファイルを選択し直す方法でも、MBR復元オプションの状態は違いがあるようです。

「システムで予約済み」ー>「Cドライブ」と選択追加しリストアした場合、OS選択のブートマネージャーが表示されますが、「Cドライブ」ー>「システムで予約済み」と選択追加しリストアした場合、エラーメッセージのブートマネージャーが表示されるか、アンダーバーのプロンプトのみの画面になりました。

(「システムで予約済み」のMBR復元オプションのオンオフで) ということで、よくわかりません。 もう一度OSの再インストールからでしょうか。

トキタ様の方で問題なく起動したときの修復ウィザードでの選択追加順序や各パーティションのオプションの状態が、もし分かればと思います。

(改行を入れさせて頂きました。)

拍手0

Re: 【Norton Ghost15】リストア(復元)後、ブートマネージャーが表示されるようになってしまいます。

補足です。

コールドバックアップやリストアに使用している製品CDはパッケージ版で、プロダクトキーのシールには「Ghost 15.0 R1 JP」と印字されているのでマイナーバージョンアップされたものだと思いますが・・・。

アップデート済みの最新のGhostのISOファイルなどは、入手したりできますか?

Ghostに限りませんが、現在までに確認されている不具合情報や対応策、アップデートで何が修正されるかなどの詳細な情報を、ホームページなどで確認できるようにしてもらえると有り難いのですが。

セキュリティーソフトでは無理かもしれませんが、それ以外のソフトなら可能な気がします。

また、製品のアップデートは、LiveUpdateだけでなく、修正プログラムをホームページからダウンロードできるようになるといいと思います。

ほかのハードウェアなどでは、アップデートファイルがダウンロードでき、リリースノートで修正内容も確認できます。

(改行を入れさせて頂きました。)

拍手0

Re: 【Norton Ghost15】リストア(復元)後、ブートマネージャーが表示されるようになってしまいます。

ORIGAMI様

「Ghost 15.0 R1 JP」は最新版ですね。

仮にR1ではないバージョンでも、インストール時にかかるLiveUpdateで最新版になります。

その後、製品の「タスク」→「カスタムRecovery Disk CDを作成」を選べば最新のGhostによる起動ディスクが作成できます。

修正プログラムですが、ノートン製品に対するパッチなので、汎用性があるわけではないので対象製品に対して限定的に提供されています。

ノートン製品をご利用でも一部の人だけが必要なしかも急を要するようなパッチ(例えばFirefox向けパッチなど)の場合、サポートページからダウンロードして、適応する処理となりますが、後日LiveUpdateで適応されます。(セキュリティ製品の例)

リリースノートについては、比較的大きな更新では、Redmeファイルが書き換わりますので「ヘルプ」→「Redmeファイル」から参照することができます。

セキュリティ製品では、LiveUpdateの履歴を見れば毎回どのような更新がされたのわかるようになっていますが、Ghostでは残念ながらそのような設定にはなっていないですね。

かろうじてLiveUpdate画面の「オプション」→「前回のLiveUpdateの報告」に、ごく簡単に記載がありますが、十分とは言えませんね。

株式会社シマンテックノートン コミュニティ 日本版コミュニティモデレーター  トキタ
拍手0

Re: 【Norton Ghost15】リストア(復元)後、ブートマネージャーが表示されるようになってしまいます。

トキタ様 やはり、Windowsブートマネージャーの表示はGhostの仕様というか不具合のようで避けられないようです。 システム構成のブートの項目で「Windows Vista/Windows Server 2008/Windows 7」を削除することで、なんとか表示をしないようにしました。 ところで、Ghost15のマニュアルは簡略化しすぎているように思います。 Ghost15や次期Ghost16で、いろいろな使用方法についての豊富な例、分かり易く、且つ、詳細な情報が、ホームページ上やマニュアルに記載されることを期待します(海外の製品なので無理かもしれませんが)。 今後も良い製品をリリースしてください。 ありがとうございました。
拍手0

Re: 【Norton Ghost15】リストア(復元)後、ブートマネージャーが表示されるようになってしまいます。

私も同じ経験があります。 同じようにインストールせずに製品CDから起動して、Windows8のバックアップ、リストアをしたのですが、 リストア後、PCを起動すると毎回Windowsブートマネージャーが表示され、「Windows 8」と「Windows Vista/Windows Server 2008/Windows 7」という選択項目が表示されるようになってしまいました。 いろいろ方法を試したのですがうまくいきますんでした。 WindowsブートマネージャーでWindows8を選択、Windows8を起動する。 ファイル名を指定して実行、"msconfig"を入力しシステム構成からブートを選択してWindows Vista/Windows Server 2008/Windows 7を削除でうまくいきました。 GhostはVer 15.0 R1 AP です。
拍手0

Re: 【Norton Ghost15】リストア(復元)後、ブートマネージャーが表示されるようになってしまいます。

blackさん、こんばんは。

やはり、そうですよね。

システム構成から削除するのも手ですが、管理者権限でのBCDEDITコマンドを使って直接削除する方法を見つけました。

そのほうがよりスマートかなと思っているのですが、素人ですので何かシステムに悪影響がないか心配ですが。

最近気づいたのですが、やはり、復元ウィザードでオプションをデフォルトで復元すると全く起動しません。

また、復元ウィザードの途中でキャンセルして、再度復元ウィザードに入ると、システムで予約済みのブート復元オプションに入っていたチェックがノーチェックに変化することに気づきました。

やっぱり、Ghostはバグですね。

このとき、2度目の復元ウィザードでCドライブの方でブート復元オプションにチェックを入れれば、ブートマネージャと共にシステムが起動できるようになります。

今は、上記のように一度復元ウィザードを途中でキャンセルして、復元ウィザードをやり直して復元しています。

仮に今のGhostが、昔のパワークエスト社を買収して、そちらの流れで作られているとしても、「ほかの会社の製品だから(資料も無く分からない)」というのは・・・ ><

ぜひ、まっさらのハードディスクに戻したうえで「復元」したときの手順を示してください!!!

お願いします。