• コミュニティ内すべて
    • コミュニティ内すべて
    • フォーラム
    • 提案
    • ブログ
高度

お探しの情報が見つからない場合、 フォーラムで質問してください。

拍手0

スマートファイアウォール機能

2台のパソコン(Windows7を最近Windows10にアップデート)を、家庭内WiFiによるパブリック・ネットワーク(プライベート・ネットワークではない)で接続し、互いに読み書きさせて、使っています。そこで好奇心を刺激されたのですが、各々のパソコンに入れている「ノートンセキュリティ」ソフトは、「相手のパソコンからの情報」と「インターネットなど外部からの情報」とを、どのように識別して、ファイアウォール機能を発揮させているのでしょう? どなたか簡潔にご教授願えれば有難いのですが・・・・・・。

返信

拍手0

Re: スマートファイアウォール機能

追記(本フォーラムの「スレッドの追記方法」がノートンチャットに伺っても判明しないので、この返信欄を代用します): 本スレッドへの回答が無いので、Microsoftコミュニティに投稿し、即日3人の協力を得て、次のような結果までは得られました。ご参考までに記しておきます。 (1)一般に、Windows10のパブリック・ネットワークでは、ネットワーク内にある他のデバイスが表示されず、アクセスできないとされる。しかし、「コントロールパネル」→「ネットワークと共有センター」→「共有設定の変更」と進み、「ネットワーク探索を有効にする」とすると、他のデバイスにもアクセスできるようになる。これは私の「Windows10 Pro搭載」パソコン、「Windows10 Home搭載」パソコンだけでなく、Microsoftコミュニティの一員の「Windows10 Pro搭載」パソコンでも同じ結果を得た。 (2)上記の状況は、そのパソコンを再起動しない限り維持される――言うまでもないが、パソコンを使わないときスリープモードで置いているときは、維持される。⇒ 私が本スレッドを投稿したのはこの状態のとき。 (3)しかし、上記の状況のとき、「ノートンセキュリティ」の「スマートファイアウォール」がどの程度まで機能しているか?は、同ソフトが「ネットワーク内の相手のパソコンからの情報」と「インターネットなど外部からの情報」とを〝どのように識別しているか?〟が解らないので、不明 (;^ω^) 以上