• コミュニティ内すべて
    • コミュニティ内すべて
    • フォーラム
    • 提案
    • ブログ
高度

お探しの情報が見つからない場合、 フォーラムで質問してください。

拍手0

Adobe Air ディベロッパーの環境におけるSONARの不具合とデジタル署名されたAIRアプリに対する対応

返信

拍手0

Re: Adobe Air ディベロッパーの環境におけるSONARの不具合とデジタル署名されたAIRアプリに対する対応

誠に遺憾ながら、私個人はnortonを長く使い続けてきたのですが今回のSONAR機能はまったく持って迷惑です。

私はちにAIRのディベロッパーでもあるのですが、AdobeのAirアプリがデジタル署名されている有無に限らず、norton 360のSONARに引っかかり、削除される現象が多々見られます。

現に自分で「グローバルサイン社」から取得したAIR用正規証明を使用したAIRアプリはSONARに削除される始末です。

インターネット上でもこの件に関してコメントを述べている方を見受けました。今回の360のSONARによるデジタル署名されているAIRアプリに対しての削除の理由はローカル環境に対して【sharedObject等によるローカルデータへの書き込み】なのでしょうか?また、もしそうだとしてそれがアプリケーションを自動的に削除する正当なラインとして正しいのか検証されているのでしょうか?また、この件に関して、様々なところから報告が上がってきていないのでしょうか?私が見る限り既にこのエントリー以外にもAIRでトラブルがでていると思われます。

但し、その場合署名を問題にしていますがどうもSONARの機能は正規署名されているAIRアプリにも影響を及ぼしていると思われます。

AIRが1.0以降から実装している正規のデジタル署名が、御社の発売する「norton」で問題が発生する場合、大手のクライアントから受けているガジェットなどの納品物に対して、障害が出る可能性があり、非常に対応に困っています。

この対応策、もしくはAdobeの正規デジタル署名されているものに対してSONARの対象解除などの処置は行えるのでしょうか?

早急に、対応していただきたくまた、御社が社会的に貢献、利益を享受するインターネットビジネスシェアにおいてそのセキュリティを預かるアプリケーション販売元として対応いただきたく思います。

拍手0

Re: Adobe Air ディベロッパーの環境におけるSONARの不具合とデジタル署名されたAIRアプリに対する対応

こちらで確認した状況を報告します。

まず、署名されているか否かにかかわらず、sharedObjectを仕様する場合

削除対象になることが判明しております。

この仕様は明確な理由があるのでしょうか?

sharedObjectにおけるシステムへの書き込みは限定的なものであり、

システムに対して影響を及ぼすデータを操作できるものとは思えません。

また、多くのサイトがShardeObjectを使用してデータを

保存するタイプのゲームなどを展開しています。

これがAIRになると削除対象となるのはいささか過激な仕様ではないでしょうか?

少なからずロカルノデータに公に書き込こめるデータ形式、エリアが明確化されている

状態にかかわらず、無差別に削除するというのは手抜きの仕様と思われてもしょうがないと思います。

厳格な審査を使用して検査し、ウィルスかそうで無いかを判別することがユーザーへの

利益に繋がることであり、無差別に削除するウィルス対策ソフトは決して、正常な仕事を

していないと思われてもおかしくないと思います。

早急にこの部分への対応の程宜しくお願いします。

拍手0

Re: Adobe Air ディベロッパーの環境におけるSONARの不具合とデジタル署名されたAIRアプリに対する対応

headsliderさん、ノートン コミュニティへようこそ。

Adobe Airについての投稿ありがとうございます。発生の詳細状況もお知らせいただきありがとうございます。

本件について、社内の関係各所に調査依頼を出しました。

何か進捗がありましたら、ままここでお知らせします。

引き続き追加情報などありましたら、アップデートお願いします。

株式会社シマンテックノートン コミュニティ 日本版コミュニティマネージャー 高島
拍手0

Re: Adobe Air ディベロッパーの環境におけるSONARの不具合とデジタル署名されたAIRアプリに対する対応

headslider さん、こんにちは。


Adobe AIR で作成されたプログラムの誤検知につきましては、弊社の開発部門でも既に認識をしております。

現在、米国のエンジニアが、個別の対応ではなくすべてのAIRアプリケーションに対して永続的に対応できるソリューションを調査している段階です。


お急ぎの場合は、専用の False Positive Submission Form (https://submit.symantec.com/dispute/false_positive/)がございますので、弊社セキュリティレスポンスに直接ご連絡いただくことをお勧めいたします(現時点では英語の入力のみ受け付けられております)。

サブミットされた情報に不足や不明な点がなければ(主にファイルのロケーションと検出名)、平日であれば通常2日程度で対応されます。もしサブミットしても長期間対応されない場合は、サブミットした日時・お名前・ソフトウェア名等をご用意の上、弊社テクニカルサポートにご連絡下さい。


なお、ご参考までに、一般のユーザーの方や企業が開発したプログラムをあらかじめ弊社セキュリティレスポンスに送信してホワイトリストに登録させていただくことも可能です。これにより、ご自身で開発されたプログラムが誤検知によって削除されてしまうリスクを軽減することが可能です。こちらの専用フォームをご利用下さい(https://submit.symantec.com/whitelist/

以上、よろしくお願いいたします。