• コミュニティ内すべて
    • コミュニティ内すべて
    • フォーラム
    • 提案
    • ブログ
高度

お探しの情報が見つからない場合、 フォーラムで質問してください。

拍手0

NISのバックグラウンド制御用データベースの格納フォルダ名とNISのバージョンが一致しません

返信

拍手0

Re: NISのバックグラウンド制御用データベースの格納フォルダ名とNISのバージョンが一致しません

こんにちは。

Windows 7にNIS2012版です。

本体:19.9.1.14

該当フォルダ:19.1.0.28

となっていました。

異なっているのは、おそらく「仕様」でしょう。

> 新規構築されるのでしょうか?

おそらく変わりはないでしょう。

回答を待つより、やってみるのが早くて確実。(手間を惜しまないなら)

Windows 10 pro 64bit / Firefox / NIS v.22
拍手0

Re: NISのバックグラウンド制御用データベースの格納フォルダ名とNISのバージョンが一致しません

kawamoto76 様

こんにちは。

私の場合、フォルダ名は「NIS_20.2.1.22」でした。

NISのバージョンは20.3.0.36で、フォルダ名とは一致しません。私もpalさんのおっしゃるように、フォルダ名とバージョンは一致しないのがノーマルな形だと思います。

このPCはNISをインストールし直したばかりで、日本語版のNISv20(Norton Internet Security Ver.20)をアンインストールして英語版NISv20をインストールし直しました。

フォルダの作成日は英語版をインストールした日になっていて、フォルダ名とインストールした時点のNISのバージョンは一致しました。

ここから予想すると、インストールした時点のバージョンでフォルダ名が決定され、以降はバージョンとフォルダ名は一致しないように思えます。

環境

  • Windows 7 Home Premium 32bit SP1
  • Norton Internet Security Ver.20(英語版)
rye-chanからのお知らせ(2017/2/8) ●フォーラムへの投稿はすぐには反映されません。米国で内容を確認しているようですので、1~3日くらいかかります。●去年は他のソフトを使っていましたが、今年はノートンを使います。軽いですしユーザに負担がかからない造りなのはやはりいいですね。面倒のかからないセキュリティソフトはノートンだけです。
拍手0

Re: NISのバックグラウンド制御用データベースの格納フォルダ名とNISのバージョンが一致しません

kawamoto76 さんは書きました:

> C:\ProgramData\Norton\{0C55C096-0F1D-4F28-AAA2-85EF591126E7}\NIS_20.1.1.2

私(Windows XP)の場合は、

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Norton\{0C55C096-0F1D-4F28-AAA2-85EF591126E7}\NIS_20.3.0.36

これは、インストールした時のバージョン名称であり、バージョンアップしても変更されません。

最新バージョンの名称フォルダは(Windows XPの場合)、

C:\Program Files\Norton Internet Security\Branding\20.3.0.36

C:\Program Files\Norton Internet Security\Engine\20.3.0.36

C:\Program Files\Norton Internet Security\MUI\20.3.0.36

です。

→バージョンアップ途中では、旧バージョンと最新バージョンのフォルダが共存することあり

 参考:NIS2012においてバージョンが19.9.1.14にならない

     http://communityjp.norton.com/t5/forums/forumtopicpage/board-id/NIS_NAV/thread-id/3191

                                              from youfo

拍手0

Re: NISのバックグラウンド制御用データベースの格納フォルダ名とNISのバージョンが一致しません

kawamoto76 さんは書きました:

> NIS-DBの完全な再構築はNISの再installしか手立てがないと思いますが、現状でNorton-removal-toolを使って

> NIS2013をuninstallし、再installして導入時更新やLiveupdateでversionを「20.3.0.32」にした場合、

> 古いNIS-DBが抹消されて。C:\ProgramData\Norton\{0C55C096-0F1D-4F28-AAA2-85EF591126E7}\NIS_20.3.0.32 に

> 新規構築されるのでしょうか?

拍手0

Re: NISのバックグラウンド制御用データベースの格納フォルダ名とNISのバージョンが一致しません

kawamoto76 さんは書きました:

> NIS-DBの完全な再構築はNISの再installしか手立てがないと思いますが、現状でNorton-removal-toolを使って

> NIS2013をuninstallし、再installして導入時更新やLiveupdateでversionを「20.3.0.32」にした場合、

> 古いNIS-DBが抹消されて。C:\ProgramData\Norton\{0C55C096-0F1D-4F28-AAA2-85EF591126E7}\NIS_20.3.0.32 に

> 新規構築されるのでしょうか?

いいえ、インストールするプログラムバージョン(例:購入したCD-ROM のバージョン)名称になります。

上記のフォルダ名称を最新バージョンにする場合は、最新バージョンのインストーラーを

Norton ダウンロードサイトからダウンロードして、インストールする必要があります。

→しかし、さらに最新バージョンが配信された場合は、旧バージョン表示となる(フォルダ名称は変更されないため)

                                                        from youfo

拍手0

Re: NISのバックグラウンド制御用データベースの格納フォルダ名とNISのバージョンが一致しません

「インストール時に設定されたフォルダー名で以後の運用がなされる」というのが仕様のように思えますね。 NIS-DBにはダウンロードされたウィルス情報ファイル以外にユーザーのシステム上に存在するファイルの一覧リストがあり、各ファイルの検査履歴、改変検出のためのチェックサム値、Sonarでの危険度レベルの判定値、Nortonの活動ログなどが記録されているはずです。 ウィルス情報ファイルはNortonのセンターサーバーからLiveupdateで逐次ダウンロードされていますので、どこまで更新されているかという違いはありますが、OS種別とエンジンのバージョンが同じなら、ほかのユーザーも含め、ホルダ名がどううなっていようが、即ちNIS2013がいつインストールされたものなのかに拘わらず同じようになっていると思われます。 しかしながら、NISの設定情報はユーザー、PC毎に異なり、PC固有のNIS設定情報、各ドライブの存在ファイル情報とNortonアイドルタスクの活動履歴情報については、パソコン操作中のハングアップ、ブルーパニック、停電や「長押しshutdown」などの電源遮断によって、内部での不整合が発生する可能性があります。 NISエンジンのバージョンアップの際に旧版を破棄して新規構成するのであれば、新バージョンをクリーンインストーしたものと同等になるはずですので問題がありませんが、旧版の情報を新バージョン用に移行して構築するのであれば、クリーンインストールとは処理が異なりますので、移行処理のバグなどで、エンジンを逐次更新してきた場合と最新バージョンをクリーンインストールした場合で状況が違っている可能性が大です。 種々のトラブル事例で、「NISを削除して、再インストールしたら正常化した」という報告例をよく見かけますが、NIS導入のためのレジストリーの不整合が解消されて正常化するという場合のほかに、このNIS-DBの不整合が再構築で解消されている場合もあるのではないでしょうか。
 NISのバックグラウンドプロセスは起動-ログオン直後はクイックスキャンを実施し、未チェック新規ファイルとSonarでの要注意ファイルの検査を行った後、完全スキャンがONスケジュールされた状態でなければ、一応の定常状態に入ります。 ファイルアクセスのモニターツールを走らせて観察した結果からは、この制御のメインループはCドライブの$Logfileや$MFTの変化をsystem、svchostで検出してNIS-DBに書き出して、ccsvchstが一定時間置きにNIS-DBをチェックして、必要な処理を分岐起動して戻る、という仕掛けのように見えます。
 問題となるのは、ccsvchstの動作の中で、NIS-DB内部の整合性を定期的にチェックし、必要とあれば修正再構築する自動機能があるのかどうかです。 この自動修正機能がないのであれば、NIS-DBの検査手段が提供されていない現状では、NISの仕様どおりの動作の保障を確保するためには、ユーザーとしては定期的にNISをアンインストールして、再インストールを行うことで発生しているかもしれないNIS-DBの内部矛盾を解消するという運用をせざるを得ません。 多分、エンジン更新時やウィウルスパターンファイルの追加ダウンロード後の処理に伴うNIS-DBの更新でチェック、自動修正されているのだとは思いますが、確信がありません。 手動完全スキャンを行うと「一新される」というようにするなど、再インストール以外の方法でスタートラインを揃える(NISシステムのreset-restart)方法が準備されることを期待します。

拍手0

Re: NISのバックグラウンド制御用データベースの格納フォルダ名とNISのバージョンが一致しません

おっしゃっている意味が、よくわかりません。

当初の質問:NIS-DBフォルダ名称(バージョン)が、動作しているプログラムバージョンと一致しない

答え:インストール時のバージョン番号でフォルダが作成され、

   プログラムアップデートでもフォルダ名称は変更されない

現在の質問:? NIS-DBの整合性チェック、および再構築機能がないのでは

これは、整合性の保証について私はわかりません

→どの状態であれば整合性が正しいのかということ

NIS-DBの更新は、LiveUpdate、システム再起動、設定、ウイルススキャンで行われています。

実際、整合性に問題が発生するのだから(してしまった)、NISが異常動作すると思います。

自動修復機能等があれば、そりゃあ素晴らしいと思います。

→Windows本体はレジストリ整合性チェック、再構築なし

  .NET Frame Work は整合性がよく問題になるパターンww

                                               from youfo